上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまにはこのカテも更新。
今日、プロ野球カードやゲームソフトに選手の実名や肖像が使用されていることを巡っての訴訟があった。
東京地裁は選手側敗訴の判決。
裁判長「選手と球団の統一契約書16条により、球団やプロ野球の知名度向上のためなら許可する権限が球団にある」を理由とした。
簡単に言うと、商品化は『宣伝目的』かどうか。

これに関して言わせて貰えば、選手側の敗訴は当然。
ゲームから選手を覚えていく人も少なくないという事実を考えると、十分「宣伝」になっている。
むしろ、ゲームで野球そのものを知ったという人も大勢いる。
個人的にいうと、ルールはゲームで知りましたし、そこから興味持った。
既に高給取りの選手は、ほんとに野球界の将来を考えているのか疑問。
野球人口減らしたいのかな?何でも正当化して、自分の利益だけを求めるのはいかがなものか。
こんなんでゲーム値上がり→興味ない人は見向きもせず→野球人気悪化→球団数激減→廃って流れは考えてるんでしょうか?
来年から地上波TV放送もなくなった今、ゲームでしか興味もってもらう機会ないでしょ。
そしてそれは「宣伝」以外何者でもない。この契約書がある限り、しょうがないと思う。
金の事考える暇があったら、ファンの事考ろ!ファンがいなくなったら、お前らどーすんだ?!みたいな。
危機感もってほしいです。宣伝に関しては寛容になるべき。
スポンサーサイト
はい!このネタにはかぶりつかせて頂きます!自分も高校からプロ野球を見始めましたが、キッカケとなる選手を覚えたのは小学校時代のファミスタですからわかります。

ワタクシも、この手のプロ野球選手会の態度は以前からずっと否定的ですね~。ホント閉鎖的だし、エラソーにすら感じますよね。何か前から思うんですが、世間との考え方のずれ方が政治界とソックリというか。これじゃー、若い世代というか子供もよりつきませんよね~。

その点で、バレンタイン監督や、その腹心ともいえるスタッフの営業努力に見られるような、アメリカンなスポーツビジネス的アピール作戦は、やっぱり見習うべきだと思いますね(政治や基地の問題などでのアメリカのやり方にはハッキリ行って否定的な人間ですが)。

実際、ブログでも書きましたが球団による温度差こそあれ、CMも面白いし、そもそも何で日本にいて、メジャーリーグの1選手のハイライトシーンを無料で動画を見られるのに、プロ野球のは無いのかと思ったりしますもんね~(^^;)。
【2006/08/03 Thu】 URL // あっけ #z6G6JWm2 [ 編集 ]
あっけさん>やはり あっけさんもでしたかー。
この肖像権の訴訟のときも言ってましたが・・アメリカではどうとか。
アメリカはアメリカで、他のところで補ってるんですよね。
片方に蓋をして、自分にだけ有効な話だけを引き出してきますから。
パの方はネットで見れる時代になったようです(やっぱ有料なんかな)
このままじゃ、若いファンは消えますよ!!
【2006/08/04 Fri】 URL // フレディ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://purohana.blog12.fc2.com/tb.php/272-3367559d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 お洒落なプロハナ!~気まぐれに~ all rights reserved.
プロフィール

フレディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。